徳島 賃貸 不動産情報満載!大万不動産 入退去時の豆知識 4.「気に入ったお部屋が見つかった時は...」

徳島 不動産 賃貸情報満載! 大万不動産 トップページへ 大万不動産賃貸サイト 賃貸全物件一覧へ 大万不動産賃貸サイト 更新履歴ページへ 大万不動産賃貸サイト 希望条件登録フォームへ 大万不動産賃貸サイト 来店・案内予約フォームへ 大万不動産賃貸サイト 会社案内ページへ 大万不動産賃貸サイト

『入退去時豆知識トップページへ』

4.気に入ったお部屋が見つかった時は...

「お部屋探しはタイミング」
こんな言葉を耳にした事ありませんか?(私だけ?)
確かにタイミングです。しかし、タイミングばかりではありません。私どもが皆様に言いたいのは、
決して決断を焦らない事です。

お部屋探しとは、楽しく、そして自分のペースで進めていく事が大切です。ましてや、今やお部屋の空室率も高く、完全な借り手市場なのですから、焦る必要はないのです。

ただし、ごくごく当たり前の話なのですが、シングル層、ファミリー層に共通して言えるのは、

『安くて、広くて、新しいお部屋で、できたら2階以上』


これは、だいたい8割のお客様がご希望される条件です。
言い換えれば、これらのお部屋と遭遇した時は、多少決断を早めてもいいのかもしれません。

重要なのは、お客様のこだわり条件等にマッチするお部屋が見つかった時は、お部屋止めしなければなりません。繁忙期(通常1月〜4月中旬頃まで)は、お部屋も奪い合いです。

早い者勝ち!まさにその通りなのです。もちろん、全部が全部奪い合いではありませんが(;´Д`A ```

それでは、気に入ったお部屋が他の人に取られない様にwするには、どうすればいいのでしょうか。

それは、紹介して頂いた不動産屋さんに、お部屋止めをお願いすればOKです。弊社では、口頭でのお部屋止めは受け付けておりません。口頭だと、証拠も残らないため、同業他社とバッティングした場合に、書面で意思表示された方が優先される場合が多いからです。

その書面化とは、家主様や管理会社様に対して提出する
『入居申込書』への記名押印です。

これは、お客様の個人情報でもあるお名前、生年月日、ご勤務先等をご記入頂くとともに、連帯保証人に誰を立てるかという事も記入します。 お部屋探しの前に、連帯保証人をして頂ける方、一般的には、親御様のどちらかお1人立てて頂ければOKです。(但し、有職者) もし、何らかの事情で親御様がいらっしゃらない場合等は、三親等以内のご親族であれば、大丈夫です。(やはり有職者) ただし、連帯保証人にも年齢を制限される場合がありますので、ご高齢の方だと、入居審査が通らない場合がありますのでご注意くださいませ。

そして、連帯保証人を立てる事が出来ない場合等は、賃貸保証会社へのご加入(ご契約)で、『保証人無しプラン』をお選び頂き、審査が通れば、お部屋を借りられる場合もあります。詳細につきましては、どうぞお気軽にお問合せくださいませ。


まず、入居申込書に沿って入居審査が行われます。通常、1〜3日以内に『合否』の結果が出ます。
物件によれば、お申込時点で、「申込金」をお預かりする場合があり、この入居審査が通れば、いよいよご契約に向かっての準備が始まります。…o(;-_-;)oドキドキ♪ 

すなわち、ご紹介された不動産屋さんから、入居審査の合否の連絡を受ければ、次の手順としまして、賃貸借契約書の授受&説明を受けます

賃貸借契約書締結前に、『重要事項説明書』という書類も授受します。
通常は、賃貸借契約書と一緒に綴られています。
この『重要事項説明書』は、必ず賃貸借契約締結前に、不動産業者の宅地建物取引主任者から説明が行われる事になっています。遠隔地の場合や法人様のご契約の場合は、ご説明が難しい場合もありますが、その際はFAX等で重要な事項を予め伝えておき、鍵引渡し前にご説明するケースもありますが、お客様におかれましても、ちゃんと理解される必要があります。ご契約前に記載内容を充分にご理解される事がトラブル防止へと繋がっていくのです。

そして、この『重要事項説明』の際、内容をご理解され、署名ご捺印を頂く際にご契約の意思表示として『手付金』の授受が行われる場合もあります。この手付金とは、通常は家賃の1か月分であり、解約手付けとしての意味合いがあります。(この手付金というのは、ご契約金の1部に充当されますので、ご契約金の他に余分にかかる費用ではありません。
解約手付けとは、ご契約前に契約当事者(貸主と借主)の一方から、解約の申し出があった場合で、貸主から解約の申し出があった場合は、借主に対して手付け倍返し、逆に借主は手付け放棄により、キャンセルできます。弊社で取り扱う物件には、この手付金の授受はほとんどありません。




5.ご契約にあたっての注意事項


▲ページトップへ           
                              
『入退去時豆知識トップページへ』